京都で墓地の分譲や納骨 永代供養塔をお探しなら

墓地分譲・納骨永代供養の資料請求・お問い合わせ 075-841-1658

永代供養のご案内・ご挨拶

供養塔納骨/墓碑建立 永代供養のご案内・ご挨拶

遺骨(骨壷)安置所

これまで墓碑は家代々という形によって守られてきましたが、現代はその家の墓碑を子孫が継ぐことが困難な諸事情が表れてきました。

子孫や有縁の方に負担をかけずに、その子孫や有縁の方がお墓に手をあわせてくれる状態にしておくことが望まれるようになっています。

永代供養とは

遺骨を預かり仏教行事を通してその霊位の供養を寺が責任を持って行い管理することです。したがって後継ぎの問題に関係なく納骨できます。

善想寺は二つの永代供養を行っております。

  • 一つは、善想寺歴代住職墓碑の横に並ぶ墓地中央の供養塔に納骨(13回忌まで骨壷のまま安置、以後合祀)して寺が永代供養を行います。
  • もう一つは、御当家墓碑を建立し、納骨(夫婦2霊位の納骨を基本とし、33回忌を迎えて以後、墓碑内の霊位・遺骨を供養塔に移して合祀)して寺が永代供養を行います。 またその墓碑を子孫が継ぐこともできます。墓地面積は他の墓地と同等です。
納骨永代供養塔
納骨永代供養墓

善想寺の境内について

一般墓地分譲地

善想寺は墓地の区画整理を終え、平成17年3月には供養塔の建立に至りました。

これにより善想寺墓地内一切の霊位に手をあわせることができます。

また墓地にはスロープが施され、車椅子で目的の墓碑へ参拝できます。水汲み場は三カ所有ります。踏み石が敷き詰められた幅の広い墓地参道です。

墓地の南と西側は他の寺院に接しており広々とした空間の明るい墓地です。ほとんどの墓碑は区画整理された巻き石の上に建てられた新しい墓碑で、墓地全体が美しく整然としています。

墓地入り口には石仏阿弥陀如来がまつられています。800年余り前、この地が後院(上皇の御所)であった頃からまつられていた石仏であり、上皇が手をあわせておられた石仏阿弥陀如来です。

戦乱から石仏を守るため一時土中にありましたが、この地は石仏が800余年の間、見守ってこられた浄土信仰の地であります。

本堂には御所から頂いた菊の御紋、御神鏡などがあり、神仏習合の歴史が残されています。

ここに貴家と善想寺のご縁を願い、供養塔納骨並びに墓碑建立の2種の永代供養の御案内とご挨拶を申し上げます。

合掌
善想寺 住職 青木英展
副住職 青木伯積

詳しくは以下の永代供養塔・永代供養墓のページをご覧ください。

納骨永代供養塔
納骨永代供養墓
納骨 永代供養塔・永代供養墓 詳しいご紹介ページはこちら
善想寺 地図・交通情報 JR二条駅、地下鉄二条城前駅、阪急四条大宮駅近く、京都の中心にあり、街中の好立地でアクセスに便利です。
お電話での資料請求・お問い合わせ 075-841-1658 〒604-8336 京都市中京区六角通大宮西入三条大宮町240
善想寺の施設・墓地・永代供養塔などを動画でご紹介!
墓地分譲
墓地現況図
納骨 永代供養塔・永代供養墓 詳しくはこちら
墓地について
善想寺について
住職法話 善想寺のことや仏教のことなど毎月1回更新
善想寺 年間行事予定
檀信徒各位への連絡
お墓参り・仏教基礎知識
メディア掲載事例
善想寺 facebook
このページのトップへ