京都で墓地の分譲や納骨 永代供養塔をお探しなら

墓地分譲・納骨永代供養の資料請求・お問い合わせ 075-841-1658

石仏 阿弥陀如来(平安後期造立)

平安末期1170年代当時の京都

石仏・阿弥陀如来

この地図は平安末期1170年代当時の京都です。地図が示すように840年前、善想寺のあるこの場所は「後院」でした。

天元2年(979年)から元弘、建武の京都の戦(1331~4年)で御殿が廃墟となるまでの350年間、この場所を「四条後院」といいました。

後院とは天皇の譲位後の御所で、天元3年11月の大内裏炎上の後、円融天皇は四条後院に行幸され一時皇宮となりました。善想寺の石仏阿弥陀如来はこの後院の中にまつられていたものです。石仏は花崗岩、白川の赤石といわれるもので、その石が石仏に使われる時期は限られ、800年以上前の、平安後期といわれています。

高さ1.6m厚さ70cmの自然石の大きな光背を背に台座に座し,像高90cmの阿弥陀仏は引き締まった慈悲感があふれ、重厚で安定感があり、悠々とした弥陀石仏です。

元弘、建武の戦の折、石仏を守るために土中に埋めました。そして430年前この地が善想寺境内となってのち、石仏は出土されました。

現在は墓地内入り口におまつりしています。石仏は後院内にまつられてより800余年のあいだこの地を見守ってこられました。

善想寺 地図・交通情報 JR二条駅、地下鉄二条城前駅、阪急四条大宮駅近く、京都の中心にあり、街中の好立地でアクセスに便利です。
お電話での資料請求・お問い合わせ 075-841-1658 〒604-8336 京都市中京区六角通大宮西入三条大宮町240
善想寺の施設・墓地・永代供養塔などを動画でご紹介!
墓地分譲
墓地現況図
納骨 永代供養塔・永代供養墓 詳しくはこちら
墓地について
善想寺について
住職法話 善想寺のことや仏教のことなど毎月1回更新
善想寺 年間行事予定
檀信徒各位への連絡
お墓参り・仏教基礎知識
メディア掲載事例
善想寺 facebook
このページのトップへ