京都で墓地の分譲や納骨 永代供養塔をお探しなら

墓地分譲・納骨永代供養の資料請求・お問い合わせ 075-841-1658

泥足地蔵尊

地蔵尊行事・案内

願い事を書く用紙

地蔵尊は釈尊の没後から弥勒菩薩が成道するまでの無仏時代の衆生済度の任を受けた菩薩です。

地蔵菩薩真言 おんかかかあびいさんまゑいそわか 21遍を称す

毎月23日午前10時より、地蔵堂内にて祈願法要、皆様のお書きになった祈願文を仏前で読み上げます。ご参列ください。

また、毎月23日と、正月は元日から7日まで、春秋の彼岸は彼岸入りから彼岸明けまでの7日間、各位自由に地蔵堂内に入り手を合わせてください。(9:00~17:00)

地蔵尊(安産など諸願)のお守りは五百円です

お守り

泥足(汗だし)地蔵尊について

汗出し地蔵尊(山門横の地蔵堂内に安置)

京に都が開かれた千二百年前から世の人々の心を受け止めてこられた本地蔵尊は、比叡山延暦寺開祖、伝教大師最澄上人自らお彫になった一刀三礼の霊像で、大師一代念持の菩薩であります。

大師亡き後は滋賀県坂本村にまつられていましたが、天正十五年(一五八七年安土桃山時代)の三月二十三日、当山善想寺開山正誉上人がご縁を以って、この寺にお迎えして山門の横に地蔵堂を造り、諸人がお参りしやすくしました。

泥足地蔵尊のいわれ

泥足地蔵尊のいわれは、滋賀県坂本村にまつられていた時のもので、当寺日照りが続き、作兵衛が三日三夜地蔵尊に祈念すると大雨が降り百姓さんたちは田植えを終えることが出来ましたが、作兵衛は腹痛のため植え付けを出来ず、心配した百姓さん達が翌朝見に行くと田植えがすでに終わっています。

汗出し地蔵尊 足

不思議に思い地蔵尊にお礼参りにいくと、御腰から足にかけて一面泥にまみれておられ、このお地蔵さんが田植えせられたものと知れ、それから泥足地蔵尊、身代わり地蔵尊と云い信仰されました。

汗出し地蔵尊のいわれ

汗出し地蔵尊 顔

汗出し地蔵尊のいわれは、善想寺門前にまつられた京でのこと、文化五年秋、堺町の勘兵衛は妻の難産で一日一夜お祈りしていると、家から安産の報せがあり地蔵尊に御礼を申し上げるとお顔一面に玉のような汗が流れていました。

それ以来、汗出し地蔵尊、身代わり地蔵尊と呼ばれ信仰されてきました。そのほか諸願成就は数え切れません。

泥足(汗だし)地蔵尊「御朱印」

御朱印

本寺地蔵尊は洛陽第六番地蔵巡り札所で、浄土宗十八番霊場です。

地蔵尊の「御朱印」は随時受け付けております。

諸国霊場 御詠歌全集

「諸国霊場 御詠歌全集」(三密堂書店 昭和5年11月発行)の中に京都六地蔵尊御詠歌の番外として善想寺泥足地蔵尊の御詠歌があります。

御詠歌全集

洛中六角大宮 善想寺 泥足地蔵尊
「さかもとを はるばるいでて ぜんそうじ はちすのうえに のらぬことなし」

六地蔵尊御詠歌

リビング京都 中央版に掲載

泥足・汗出し地蔵 掲載記事

2013年8月24日発行 リビング京都 中央版『京都のご利益地蔵』の特集にて、善想寺の泥足・汗出し地蔵が掲載されました。

善想寺 地図・交通情報 JR二条駅、地下鉄二条城前駅、阪急四条大宮駅近く、京都の中心にあり、街中の好立地でアクセスに便利です。
お電話での資料請求・お問い合わせ 075-841-1658 〒604-8336 京都市中京区六角通大宮西入三条大宮町240
善想寺の施設・墓地・永代供養塔などを動画でご紹介!
墓地分譲
墓地現況図
納骨 永代供養塔・永代供養墓 詳しくはこちら
墓地について
善想寺について
住職法話 善想寺のことや仏教のことなど毎月1回更新
善想寺 年間行事予定
檀信徒各位への連絡
お墓参り・仏教基礎知識
メディア掲載事例
善想寺 facebook
このページのトップへ