京都で墓地の分譲や納骨 永代供養塔をお探しなら

墓地分譲・納骨永代供養の資料請求・お問い合わせ 075-841-1658

善想寺 石仏阿弥陀如来が紹介された書物

投稿日:2012年2月2日(木)

「京都の石仏」 昭和52年4月10日発行

著者 清水俊明 発行所 創元社

京都の石仏 表紙 京都の石仏

「京の石仏」 昭和53年5月15日発行

著者 佐野精一 発行所 サンブライト出版

京の石仏 表紙

京の石仏 京の石仏

善想寺石仏阿弥陀如来が紹介された書物で、このころは白河の赤石という石種名はなく花崗岩と説明されている。

元弘、建武の京都の戦(1331年)では、石仏を守るため土中に埋めた。天正10年善想寺創建後、善想寺境内地より石仏は出土した。

石肌が滑らかなのは土中に200余年の間土中にあったことと、また地下水脈に洗われていたのかもしれない。

善想寺 地図・交通情報 JR二条駅、地下鉄二条城前駅、阪急四条大宮駅近く、京都の中心にあり、街中の好立地でアクセスに便利です。
お電話での資料請求・お問い合わせ 075-841-1658 〒604-8336 京都市中京区六角通大宮西入三条大宮町240
善想寺の施設・墓地・永代供養塔などを動画でご紹介!
墓地分譲
墓地現況図
納骨 永代供養塔・永代供養墓 詳しくはこちら
墓地について
善想寺について
住職法話 善想寺のことや仏教のことなど毎月1回更新
善想寺 年間行事予定
檀信徒各位への連絡
お墓参り・仏教基礎知識
メディア掲載事例
善想寺 facebook
このページのトップへ