京都で墓地の分譲や納骨 永代供養塔をお探しなら

墓地分譲・納骨永代供養の資料請求・お問い合わせ 075-841-1658

平成27年12月 住職法話「孩子(おさなご)の供養について」

投稿日:2015年12月25日(金)

法然上人の「ただ一向に念仏すべし」は一人一人の人間のために考え抜かれた言葉であると思う。

孩子(おさなご)の供養について

亡くなられた方に対して先祖供養(納骨、位牌、年回忌等の回向、盆など)を勤めるのは、かつてその人がこの世で人間との間に生じる功徳の中で人生を送り、子孫につながっていることによる。

かつて生じた功徳がこの世に影響を与え続けていると言える。先祖が浄土にいるものとしてその一定期間(年回忌)、先祖への回向により生じる功徳が浄土にその影響を与える。

回向によりこの世の子孫と浄土の先祖が双方関係となり功徳が生じる。しかしこの世で生じる功徳の中で人生を送ることのない孩子の間に功徳が生じることはなく、母親の手からそのまま御仏の手に抱かれる。

したがって孩子への先祖供養は勤めず「檀信徒一切霊」の位牌にまつり盆、正月、春秋彼岸の各法要にて供養する。

善想寺 地図・交通情報 JR二条駅、地下鉄二条城前駅、阪急四条大宮駅近く、京都の中心にあり、街中の好立地でアクセスに便利です。
お電話での資料請求・お問い合わせ 075-841-1658 〒604-8336 京都市中京区六角通大宮西入三条大宮町240
善想寺の施設・墓地・永代供養塔などを動画でご紹介!
墓地分譲
墓地現況図
納骨 永代供養塔・永代供養墓 詳しくはこちら
墓地について
善想寺について
住職法話 善想寺のことや仏教のことなど毎月1回更新
善想寺 年間行事予定
檀信徒各位への連絡
お墓参り・仏教基礎知識
メディア掲載事例
善想寺 facebook
このページのトップへ