京都で墓地の分譲や納骨 永代供養塔をお探しなら

墓地分譲・納骨永代供養の資料請求・お問い合わせ 075-841-1658

平成29年8月 盆施餓鬼会 法話

投稿日:2017年9月8日(金)

空也上人や源信上人の念仏は浄土に往生するための各自それぞれのこの世での念仏であります。

法然上人の念仏は浄土におられる阿弥陀仏の誓いの念仏であり、すべての人間に共通の浄土で人々の念仏をいま仏が聞き取る念仏であります。

ここに死後の世界としての浄土ではなく阿弥陀仏が今人々の念仏を聞き取る浄土がある、すなわちこの世と浄土の双方関係が生まれます。この世は多くのものの共通性によって世界は表されます。すなわち起点が生じます。浄土はすべての人間の起点、共通性としてあります。

 

本年は、往生要集を表された天台宗恵心僧都、源信上人の千周忌になります。

千年余り前、源信上人はあらゆる仏教書から死後の世界を表した言葉を取り上げそれを体系化し、地獄、極楽、阿弥陀仏の浄土という死後の世界とこの世での生きざまが関係性をもって表されます。源信上人の往生要集によりこの世の人々の人生が仏教を通して表されます。

仏教を通して人々は初めて死後の世界、死を捉えます。死とは人生の最後を表すだけのものではなく、この世においての誕生から死をもって人生を表わすことが出来るものです。

また生と死は生命活動の根本を表すものであり例えば生命にとって食事とは、食を得ることが生であり得られないことが死につながります。生命はこれを永遠に繰り返すものであります。

また生と死は衣食住に始まり共生等多くの思想を築きます。社会の中心にあるものは「生」ではなく「生と死」であります。それぞれの人生を送るこの世の独自性に対して死は浄土、起点、共通性として表されます。すなわち浄土はすべての人間の至るべきものとなり法然上人の称名念仏によってこの世界は確立されます。

 

源信上人の往生要集以後法然上人の称名念仏に至り天台宗との隔絶を経て後、天正の帝都復興の前後の天皇、朝廷による浄土宗における法然上人の位置づけを通して、ここに何百年をかけて日本人の浄土信仰が確立されます。「源信上人の念仏の方向にある法然上人の念仏」に見えますが、法然上人は43歳で教団「浄土宗」を起こし「称名念仏が今人々の念仏を聞き取る阿弥陀仏の浄土」を完成させられます。

法然上人の称名念仏は源信上人の浄土教の後継であるといえます。

善想寺 地図・交通情報 JR二条駅、地下鉄二条城前駅、阪急四条大宮駅近く、京都の中心にあり、街中の好立地でアクセスに便利です。
お電話での資料請求・お問い合わせ 075-841-1658 〒604-8336 京都市中京区六角通大宮西入三条大宮町240
善想寺の施設・墓地・永代供養塔などを動画でご紹介!
墓地分譲
墓地現況図
納骨 永代供養塔・永代供養墓 詳しくはこちら
墓地について
善想寺について
住職法話 善想寺のことや仏教のことなど毎月1回更新
善想寺 年間行事予定
檀信徒各位への連絡
お墓参り・仏教基礎知識
メディア掲載事例
善想寺 facebook
このページのトップへ