お問い合わせ
close
法話

永代供養による納骨 墓地の分譲 京都 善想寺

お問い合わせ

法話

平成24年6月住職法話

大いなるものは共通性の中にある。浄土信仰の大きな流れにより事実は差別化による一人一人の独自性の中にあるものとなる。

即ちこの世とは共通性に支えられた一人一人の独自性としてある。

また事実はある視点の有無を超えて存在としてある。先ず浄土(死後の世界)から見るこの世(事実)は存在としてある。

生命活動は生と死の二分化であり共通性は二分化の双方のすべてである。自然、生命、人間は共通性において存在としてある。

したがって人間は自然として存在し生命として存在し人間として存在する。

一覧へ戻る
2017 © 京都 善想寺
TOP