お問い合わせ
close
法話

永代供養による納骨 墓地の分譲 京都 善想寺

お問い合わせ

法話

平成23年12月住職法話

本年は東日本大震災という日本が試練を迎えた年でした。死者、行方不明者が二万人近い霊位に対してはただ合掌念仏であり、仏教行事のなかでこの霊位への回向を勤めていきたいと思います。

また本年は法然上人の800年大遠忌でした。何百年の間日本人が守ってきたものはお念仏をはじめ多くのものがあります。円融天皇の時代にも日本史に残る疫病、飢饉、大地震が起きています。この試練に立ち向かうものは願い、希望であります。

文化は人々の共通の願いから生まれる一人一人の人間の表現力であり、社会において多くの功徳が生じます。

一覧へ戻る
2017 © 京都 善想寺
TOP