お問い合わせ
close
法話

永代供養による納骨 墓地の分譲 京都 善想寺

お問い合わせ

法話

文化における人間の願いの位置付け

願いとは表現とその功徳の固定化を結ぶ中間のものである。

そして願いが両者を生じさせる。

文化は言葉(文字、表音、数字)による表現のことであり功徳を固定化させるものである。

我は双方関係としてあり功徳の生じるゆえんである。

我と文化は願いにより関係性が生じ文化は双方の間に功徳を生じさせる。

願いとは人間の本能、文化を通して表現される生命活動のことであると思います。

一覧へ戻る
2017 © 京都 善想寺
TOP