お問い合わせ
close
法話

永代供養による納骨 墓地の分譲 京都 善想寺

お問い合わせ

法話

平成28年2月 住職法話

法然上人は称名念仏によりこの世と浄土を動かないものとした。ここにこの世と浄土の双方関係が生み出された。双方関係とは「空と無」「差別化と共通性」である。

この双方関係が生命、人生を表す。

心も双方関係の中にあり、共通性として仏がある。自己は差別化をする者である。その自己と共通性は表裏、二分化による双方関係ではなく、帰依を通しての双方関係である。

一覧へ戻る
2017 © 京都 善想寺
TOP